大崎市医師会        
OSAKA CITY MEDICAL ASSOCIATION お問い合せ サイトマップ
地域とともに歩む医療を
 
MENU
お知らせ
医師会の紹介
病院・医院のご案内
看護学校紹介
訪問看護ステーション紹介
休日診療案内
市民医学講座
関連リンク
会員向けコーナー
 
 
お知らせ
 
第35回 わかりやすい糖尿病教室
糖尿病は、代表的な生活習慣病の1つで、患者数は年々増加しています。専門用語を使わないで解りやすくお話しさせて頂いた第35回市民医学講座に使用しましたテキストの内容を簡単にまとめ報告いたします。
 
第34回 これって認知症?
認知症とは一度獲得された知能が、脳の器質的な変化によって、持続的に低下した状態であり、かつ日常生活・社会生活に支障があることと定義されています。認知症は単一の疾患ではなく、アルツハイマー型認知症や脳梗塞による血管性認知症など、いろいろな原因疾患によって起こる共通の症状をさします。
 
第33回 命にかかわる
『虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)』
ご存知の通り、心臓疾患は欧米の多くの国では死亡原因の第1位ですが、日本では現在第2位の死亡原因です。中でも、疾病の頻度が高い虚血性心疾患につきまして、この病気を起こしやすい生活習慣病や危険因子の説明と、最新の診断や治療をお話しいたしました。その際に使用しましたテキストの内容を以下にお示しし、講演の紹介とさせていただきます。
 
第32回 これって、リウマチ?
関節リウマチとは、関節が炎症を起こすため徐々に軟骨や骨が破壊されてしまい、関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気です。初期の症状は、朝の「こわばり」、関節の腫れと痛みなどです。進行すると関節の軟骨や骨が破壊され、変形や脱臼などが生じ、動かしにくくなります。関節破壊がさらに進むと、日常生活や家事、仕事に支障が生じるようになります。
 
第31回 なぜ今「子宮頸がん」なのか
子宮頸がんの発症にはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が大きく関わっていることが判明し、発症機序が解明されてきたため、近年、世界的に「子宮頸がんは予防できるがん」という認識が定着してきました。今回は今年2月から大崎市でも全額補助が出ることが決まった子宮頸がん予防ワクチンについてとりあげました。
 
第30回 皮膚疾患のあたらしい治療法
近年少子高齢化社会に伴い皮膚疾患の専門的診療、治療の必要性がよりましてきています。今回はあたらしい治療法として痤瘡(にきび)と疥癬(ヒゼンダニによる感染症)をとりあげました。
 
第29回 メタボリックシンドロームについて
昨年は特定健診が始まり、国民的に関心の高いメタボリックシンドローム、メタボリック症候群について、一般向けにお話させていただきました。会員の先生方には釈迦に説法とは思いますが、講義の内容に沿ってその概略をご報告申し上げます。
 
第28回 脳卒中の基礎知識について
脳卒中とは、虚血性と出血性に分けられます。虚血性(脳梗塞)には脳血栓症と脳塞栓症があり、出血性には脳出血とくも膜下出血がございます。脳卒中の死亡率は、昭和45年頃から減少し始め、現在では癌・心疾患に次いで、3番目(約100人/10万人)であります。
 
第27回 アレルギー性鼻炎について
本日は最近出されましたアレルギー性鼻炎診療ガイドラインの内容紹介を中心に、現在の診断法、治療などをお話しいたします。アレルギー性鼻炎は鼻粘膜のI型アレルギー疾患であり、くしゃみ、水性鼻漏、鼻閉を3主徴とするものです。
 
第26回 胃がん・大腸がんについて
わが国の死因の1位は、昭和56年以降「がん」となっています。その中でも胃がんは肺がんについで2位、大腸がんは3位と死亡率の高い病気です。胃がんは、近年その死亡率は低下しつつあるものの、わが国の罹患患者は年間数十万人に達しています。胃がん・大腸がんは早期発見、治療によって完治できる病気です。
 
第25回 骨粗鬆症の予防について
さる平成16年11月18日、市民医学講座で講演させて頂きましたので、内容を簡単にご報告いたします。骨粗鬆症はご存知のように骨量が減少して骨が折れたり、または折れやすくなった状態を言います。社会の高齢化が進み、寝たきりとなる原因で脳血管障害に次ぎ第2位で、その患者数は1000万人とも言われています。
 
第24回 ストレス関連病とストレス解消法
現代はストレス社会と言われようになりました。それによってストレスに関連した病気がたくさん見えられるようになりました。ストレスが多くなりますと、またストレスが長く続きますと、こころやからだに変調が現れることがあります。
 
第23回 小児の感染症
小児科医が日常よく診ている主な小児感染症について、免疫学的なアプローチ又は、予防接種、主な疾患の原因・症状・治療・家庭における看病のポイントについて説明したいと思います。
 
第22回 生活習慣病と目
 我々の社会が長寿社会と言われるようになって久しいが、実際は加齢と共に様々な疾患が生じてくる。
  昨今、生活習慣病と位置づけられる高血圧、糖尿病という疾患が代表的な例であり、これらの疾患の合併症として眼にどのような障害が現れてくるのかについて説明する。
 
第21回 痴呆について
 長寿社会を迎え、痴呆が大きな関心事になっている。痴呆の原因となる疾患はたくさんあるが、ここでは手術によってよくなる脳外科的疾患、最も多く見られる脳血管性痴呆とアルツハイマー型痴呆、そしてこの所問題になっているクロイツフェルト・ヤコブ病について述べる。
 
第20回 痛みとつきあう
 痛みの感覚は総合感覚で、主観的なもので外部から評価する手段はありません。あくまでそのかたの感覚であり、他者はその方の生活行動からその痛みを類推せざるをえません。
 
第19回 あなたの骨があぶない
 骨粗鬆症は、女性の生理的現象であり、妊娠できる期間つまり生理があり、女性ホルモンが作られているうちは、骨の中にカルシウムを大量に貯えておきますが、生理が止まる50歳から女性ホルモンの減少と共にカルシウムが体外に排泄され、生体に必要な最低限の濃度が保たれるカルシウム量を中に蓄積していればいい訳ですから、骨の成分は、若いときと同じでも骨量は減少していきます。
 
第18回 糖尿病
 糖尿病は、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンの作用が不足し、血液中の糖分(血糖値)が上昇し、その結果さまざまな障害が体に生じる病気です。
 
第15回 白内障(手術を中心として)
 白内障は、極めて頻度の高い疾患であり、中でもその大半を占める老人性白内障は、外来診療においても手術室内のおいても最も日常的な疾患であります。
 
第12回 おしっこの悩み
 古川生活学級の代表の方々と相談し身近な問題でありながら、人前で話しにくい「おしっこの悩み」特に排尿困難、頻尿、尿失禁に決定致しました。
 


ページ先頭へ
 
     

〒989-6162 
宮城県大崎市古川駅前大通三丁目3-17
(地図はコチラをご覧下さい)

TEL 0229(22)1573
FAX 0229(24)1388
Copyright(C)2013 OSAKI CITY MEDICAL ASSOCIATION Allright reserved.